お金をかけないDIY 手探りブログ

日本の元実家とパリの自宅、2軒の一戸建てDIY記録。

お金をかけないDIY 手探りブログ イメージ画像
bricolablogを見つけていただき、ありがとうございます!

2018年4月に入居したパリのマイホームを中心に、DIYとガーデニングに日々勤しんでいます。

少しずつ、楽しみながら快適なマイホームを仕上げて行きたいと思っていますので、気長にお付き合い下さいませ。

更新情報

こちらはほんとーに、ほんとーに、欲しかったかも。学校関係が良好なので、住んでる地域からも離れたくなかったし。とは言え、駐車スペースなし&駅から坂道登ること15分&総リフォーム物件で、家だけですでに予算ぎりぎりなのは、厳しかった。。。 何しろ、御歳80を超え
『本当に欲しいと思った家 2』の画像

結局、街の雰囲気がずば抜けて良かった地域で、更に内見に行ってみる事に。 見つけたのは、線路沿いの、4階建。 線路沿いって欠点扱いされる事の方が多いかもしれないけど、我が家はそもそも線路沿いのアパルトマンに住んでるので、特に気にならないしむしろ便利な事

長年の家探しで、今でも買わずに後悔してるくらいのおうちが3軒あります。どちらにしても帯に短し。。。。で買うことはできなかったお家ばかりだけど、いわゆる”忘れられない”家ね。そのうちの一軒が、Fontenay sous bois駅(パリ市内から二駅。東京で言ったら川口??)
『本当に欲しかったお家。1』の画像

おパリで住む地域を選ぶ基準。 内見に行く時、私が必ずやっていたのは、駅まで自分で歩く事。 不動産屋さんの「徒歩5分」は、絶対的に信用しちゃダメ。 「駅から8分」って書いてあったところ、実際歩いたら26分かかった事もある。汗 Iphone出してストップウ

回想記1で出て来た元農家は、こんな感じ。こちらが、母屋。そして、お向かいに、多分家畜小屋だったのであろう作りの、ステュディオ。これで通路一番奥なら、絶対的に、買いでしたね。向かいの小屋に、私のアトリエとランドリースペース確保出来たし。残念ながら奥にもう一軒
『かわいかった、元農家』の画像

パリ郊外は、92、93、94県があり、93県だけはどうしても避けたかった地域。 とにかく犯罪が多発する地域で、歩いてるだけで怖い地域も多い。 以前、娘と車で赤信号で止まってたら、左右から男の人が近づいて来て、娘パニックで発車してー!逃げてー!って騒ぎ出し

最近、家探ししてるって話をする事が多くて、その流れでキッチンはカウンター式が良いってなって、今使ってるのは夫と私の合作だ、って話に行き着くパターンで、キッチン見せて〜、って良く言われるのでお見せします。(説明長い。笑)奥に電気がついている部分が、元々廊下
『キッチンを娘部屋に。そしてキッチンは廊下に。笑』の画像

何だかお久しぶりです。おパリもハルウララ。と言う事で、ずーっと 始めたかったバルコニーDIYですが、え、この家買うんじゃない?って物件見つけて様子見してるうちに、すっかり忙しくなって何も出来ないまま春突入💀結局見つけた家は買わない方向=この夏までの引越しはな
『ベランダDIY』の画像

太巻きの糸を3〜4本ずつ収納できるように、MUJIでお買い物。 一段に付き6個入れられるので、全部で18個(写真では少ないけど)。60ユーロ強もかかった〜〜 100均さえあれば。。。爆整理してみると、こんな感じ。ほぼ全部入ったし、使いやすくなった!来週からの、製
『糸整理棚、その後』の画像

我が家の長男、3歳の頃にはおもちゃの電動工具を使いこなし、(おもちゃの)車の解体、修理作業に勤しんでおりました。仕事から帰ったら、一心不乱にプラスチック製の電動ドライバー使って車解体してる三歳児見つけて、度肝抜かれたものです。笑。ちなみにこのおもちゃ、5
『DIY 子供用玩具』の画像

↑このページのトップヘ