結局、街の雰囲気がずば抜けて良かった地域で、更に内見に行ってみる事に。



見つけたのは、線路沿いの、4階建。


線路沿いって欠点扱いされる事の方が多いかもしれないけど、我が家はそもそも線路沿いのアパルトマンに住んでるので、特に気にならないしむしろ便利な事を知っている。笑


ただ、線路沿いは埃がひどいと言われているのよね。

我が家も、1日拭かないとうっすらと埃溜まっちゃいます。


ま、その点もすでに慣れてるから気にならず。



気になるとすれば、4階建てって事。


私個人としては、階段がなるべくない家が良いし、特にこのおうちは1階部分がアトリエとガレージと洗濯スペース。

つまり、キッチンやサロンは2階。


毎日、少なくとも1階を登り降り必至って事です。


この点は、相当悩みますね〜。


何しろ、これから私たち、歳取っていく一方ですよ?

一体幾つまで、ここを登り降りできるのだろう??

両親の晩年を思い返すに、この家で晩年まで過ごす事は難しいのではないだろうか。。。



とは言え、2階はサロンとオープンキッチンとトイレ、3階は大きなバスルームとメイン寝室&小さい寝室、4階は大きな一部屋になってて、我が家の家族構成にはバッチリ。


その為、オットと娘が大いに気に入り、ここじゃなければ家購入自体がなくなる勢い。


さすがに、何10軒も見て来た中でここまで気に入った家はない、となっては、彼らとしても必死なのでしょう。


で、彼らからの私に対する説得が始まった訳です。



炊事洗濯お掃除は全て私がやってる訳で、洗濯物が一番出る3階のバスルームから、洗濯物運んで1階で洗濯して、綺麗になったらまた持って上がるの?

しかも2階の寝室の一部を私のアトリエに改装するとなったら(1階のアトリエを使う方が当然なんだけど、そうするとまた1階分の移動が増えるので悩み中。)、アイロンがけは2階。

動線悪すぎる〜〜


しかも、お掃除は2階(サロン)、3階(主寝室)、4階(息子部屋)って登り降りが必要になる訳???


娘はともかく、息子はまだ6歳。


自分で掃除させるにしても、まだ見てあげないとちゃんとは出来ない。

お母さん、すごーく大変な事になるんじゃない???



でも、そんな”微々たる事”にはこだわらないオットと娘。

(そりゃそうでしょー、やるのはあなた方じゃないんだから!)



で、まだOKを出さない私に、オット殿奥の手導入。


「あんな大きなバスルームは必要ない(激しく同意)んだから、そこにランドリースペース作ってあげる。そうしたら、バスルームとアトリエとも動線繋がって便利じゃない?」



痛いトコ突いてきたーーー。


本当は1階のアトリエを、製作アトリエとして使いたいんだけど、そうすると「また登り降り大変でしょ?」って。

だから、娘の部屋に作り直すって。



あーー。

なーやーむーーー



私としては、あんな大きな家よりその3分の2位のかわいいおうちが良いんだけど、ここまで家族がその気になっているのなら仕方ない。


大は小を兼ねる、と、納得するしかない?




と言う訳で、値段交渉してみようって事になったのでした。


#フランス 
#家探し
#パリ
#一戸建て