フランスで納豆を買おうと思うと、パリ市内の一部のお店往復1時間強プラス1パック200円くらい、しかも子供ら納豆大好きで不経済、と言うわけで、在仏ママンには手作りしてる人も多いです。

私も、豆乳もお豆腐も納豆も、全部手作り。

で、納豆菌使った時は納得いく物が出来ず、市販の納豆1パック混ぜたらそれなりになってそれで満足してましたが、今回友人に教えてもらって試行錯誤しつつ完成したのが、玄米納豆。

納豆パックよりもよく出来ました!


材料は

玄米
大匙1を、1時間程水に浸けてから150mlくらいの水で、柔らかくなるまで茹でて、一晩発酵させる
FullSizeRender
茹でた後すぐは、こんな感じ。
これが、1日たったら白く膨れてます。
一粒食べてみて、芯が残っていないのを確認!
芯を残すと納豆にした時、口当たりが悪くなるらしいです。



大豆(私は皮剥いて割って売ってるのが好み。bioショップで購入。500gで3€弱) 200〜250g 一晩水に浸ける


大豆を茹でて、玄米を水ごと混ぜて、24時間39度で発酵させたら
FullSizeRender
上手く出来ました!


これを、消毒した容器に入れて数日待つと、美味しい納豆の出来上がり。
待てずに2日目位から食べちゃったけど、美味しいし!カンゲキ


個人的には、一度凍らせた方が粘りも匂いも強くなっておいしいと思うけど、その辺はお好みですね。


少し葉っぱくさいってレポ見たので、まだトライしてませんが玄米の代わりにブドウやビワの葉を使うことも出来るらしいです。

どちらの木もお庭にあるから、玄米ない時は試してみようかな。

って、玄米ない時より大豆ない時の方が多いかな。笑