はい、全くブログ趣旨とは関係ありませんが、関係あるほうのブログで時間かけて書いた記事が消されていたので、こちらへ。

海外の税金の話とか、ブログではタブーなんですか?
でも、私も友人からリンクもらうまで知らなかったし、知ってないとすごい罰金だって事なので、フランス在住日本人の皆様限定ではありますが、記事にさせていただきます。


去年の日付けと記事によると、所得税の申告の時に、海外(つまり日本)に持っている銀行口座も申告しないといけないそうです。

最近ではネット申告ですが、
Cerfa n°3916 «Déclaration par un résident d’un compte ouvert hors de France»
と言うページがあるらしく、こちらに一行一ページで記載。

当座か普通かとか、銀行名、口座番号名義人その他、振り込みで書き込むような内容のほか、毎年、その口座に対する入金額も申告しろって。


都市銀行のネットバンキングなら問題ないだろうけど、ポストバンクのネットバンキングはしょっちゅう問題があってその度に郵便局まで出向くか日本からしかかけられない電話番号に電話する必要があって、毎年必要な時期に残高照会出来るか不安…

家関係の大事な入金も、結局私が帰国するまで待ってもらった事さえあるのに

しかも税務署、待ってはくれない(当然です)。

海外在住者にとって、今となっては日本に別の銀行口座を持つ権利さえ与えられず、日本からは締め出され、フランスからは追い出しかけられ、一体どうしろと

先が思いやられます…汗


以外、一部ですが記事抜粋。
il faut les déclarer chaque année à l’administration fiscale, en utilisant un formulaire Cerfa n°3916 «Déclaration par un résident d’un compte ouvert hors de France», par compte. Vous devez indiquer les coordonnées de la banque, les références du compte, sa nature (compte ordinaire, d’épargne, à terme...), préciser si vous l’utilisez à titre privé et/ou professionnel et s’il s’agit d’un compte simple, d’un compte joint entre époux ou d’un compte collectif… En revanche, vous n’avez pas à mentionner le solde du compte. Ce formulaire doit être joint à votre déclaration de revenus. Si vous déclarez vos revenus en ligne, un module vous permet de remplir la déclaration à l’écran.
En plus de cette obligation, vous devez déclarer, chaque année, le montant des produits encaissés - intérêts, dividendes, plus-values - sur tout compte détenu à l’étranger et la valeur de ces avoirs doit être retenue dans l’évaluation de votre patrimoine taxable à l’impôt de solidarité sur la fortune (ISF).


ま、記事読んだ仏人オットは、「こんなのやる必要ない」とか言ってましたが、根拠ない自信で窮地に陥ったのは長い年月一度や二度じゃないし!やめて!笑

税務署のハイエナっぷりは(多分)万国共通。

絶対次回から申告しますとも。オット(我が家の納税担当官)が。笑

皆様も、お忘れなく。