フランスでは、マスクをして歩くと怖がられます。

マスクは、病気予防ではなく病人がつけるもの、と言うのがこちらの常識。

こんなご時世でさえ!


以前、娘が鳥インフルエンザにかかった時(お熱40°cとか、怖いね。汗)、そんな訳で病院からマスク100枚組を処方されました。

勿論、全額保険持ち。

で、渡されたのが、これ。
FullSizeRender
外科医か!


という訳で、使おうにもこれでは…

で、これを中に入れて使うカバーマスクを作ってみました。

自分の古着を使って、なるべく洋服とかぶるように。そして、使う時にはストールを口元まで巻いて見えないようにします。

現在のところ、アジア人が更にマスクなんてして歩いていたら、石投げられるだけじゃ済まない危険地域、パリ。

自分の身は自分で守ります。

FullSizeRender
マスクより一回り大きくカットした布を、長い部分を2箇所縫って、ゴムの通し口とマスクを挟む分だけ折り返して、ゴムを固定。

FullSizeRender
挟むとこんな感じ。
あ、頭の後ろで縛る用の紐は、カットしました。

見た目は
FullSizeRender
こんな感じ。

着用したところの写真撮って見たけど恥ずかしすぎる出来なので、自粛


説明大雑把だけど、わかっていただけたでしょうか?

これ、中に医療用の消毒済みガーゼとか入れても良いと思います。

マスクが買えなくてお困りの方、ご参考まで。