職場のロゴ入りパーカ、たまにしか行かない劇場だとセキュリティに止められる事もあったりするので、仕事中は必ず着ています。

大柄なので(170cm)ユニセックスのxlをもらって、たっぷり着られて気に入ってるけど、お袖だけが萌え袖通り越して指先すら見えない状態だったので、お直しする事に。

パーカとかTシャツとかって、特殊なミシンで縫い上げる部分も多く、テキトーに切って縫ったりすると、素人臭いお粗末なものに仕上がります。

なので、デザイン加えてあえてその縫い目が作られたかのように、仕上げて見ました。


黒だから見えにくいのだけど
FullSizeRender
↑このお袖に↑

FullSizeRender
1,2cmごとに全4mm(折り幅2mm)のタックを、左右10本ずつ入れると(写真は途中経過。)、ちょっとロックにかわいくお直し出来ました


コツは、縫う時に軽く押し込むようにして、生地が伸びないように気を付ける事と、後は根気。

これね、地味に手間がかかるのよね…


根気がある方、是非お試しを