世界はアメリカ大統領選、フランスはアジア人狩りで戦々恐々としてますが(私も昨日、職場の人から罵られました)、気分転換に、土いじりなど。

引っ越す前から、日本で言う"ルージュ ピエールドゥロンサール"を探していましたが、なかなか見つからないまま何度秋を見逃したことか…

自力でやっと見つけて、苗が売り出されたので買おうと思っていたところに、フランス在住のバラの専門家さんと違う件で連絡取る機会がありまして、見つけたので間違い無いか確認したところ、何と間違いと判明! 

ちゃんと"有名なピエールドゥロンサールの赤"って書かれてたんですよ!?

ニンゲンフシンニナリマス…ダレカヒキトメテ…


と言う訳で、"本物の"ルージュピエールドゥロンサールをご紹介いただきまして、先日届きました。

ちなみに仏語では、
image

別人になってる…エリックって誰…笑


お花の月周りは、昨日と今日。

昨日は一日中仕事で出かけていたので、本日植樹でございます。



到着時に月周りが良くないと、そのまま数日置く事になるので、選べるときには裸苗ではなくmotteと言って、網の中に少し土が入ったほぼ裸苗って言うのを買います。
写真撮り忘れたけど!

経験上、葉っぱやお花がついてる苗より、初冬の裸苗の方が私は植樹成功します。

で、再来年のバラ園バルコニーを夢見て
image

南側に。


ちなみに、私が買ったサイトでは既に売り切れてるのか、ページが削除されてて紹介出来ませんでした…