オット殿が子供ら連れて帰省中に、やり切りたかった事第一弾。

靴収納スペース作成。


以前、オット殿に「洗濯機が低過ぎて使う度に腰が痛くなるから、20センチ程上げて」と頼んだら、どうしてこうなった的高さまで上げられてしまい、今度は洗剤が入れにくくなってしまったランドリースペースですが(リンクは目隠しバスロール)
洗濯機下の1番下がデッドスペースで、ずーっと気になってました。


で、オット殿の留守を狙って、引き出し設置。

別に居てもダメとは言われないけど、ダメ出し相手がいちいちめんどくさい(w)ので、居ない時にやるに限る。

で、そもそも付いてる引き出しは何かと言うと、以前のアパートで使っていたキッチンの一部。

どうせ数年で引っ越すとたかを括ってIKEAの見切り品で作ってたキッチン。
なので、当然同じものは既に廃盤。ま、気にしない🤣

で、サイズ合うのを探しに行った訳ですが、
FullSizeRender
IKEAのくせに結構お高い。

という訳で、引き出し部分26€と、見切り品の違う色の板10€を購入、22€の節約←けち



で、購入時に予想していたのですが、

キッチン家具を使った部分には白い板(左右で約3センチ)が貼られている訳ですが、
FullSizeRender

その家具が届いていない下の部分には、
FullSizeRender
つまり、3センチ幅が広いって訳です。


これ、生粋のブリコラー、オット殿なら確実に白い板を切り貼りして足す所を、手抜きブリコラーの私は、そんな面倒な手間はかけず、工具箱の中でずっと邪魔だったキャスターを取って来て、
FullSizeRender
裏に取り付けて終了🖐🏻
(バーコードのシール、手抜きで貼りっぱなしじゃないですよ。最近のは商品に直接印刷されているのです←サイアク)


で、
FullSizeRender
こんな感じになりました。


ペンキは後で(オットが)塗ることでしょう。

何ならキャスターだと2回に1回ズレて入れ直しになるのを気にして、いつか(オットが)ちゃんとした引き出しに作り直してくれる事でしょう🤣