私たちの住む街は、エコロジー化に対する支援が厚いです。

と言うか、多分フランスがその傾向にあるのかも。

引っ越して早々、オットが市役所からもらってきたのが1メートル四方もあるコンポストボックス。

希望すれば雌鳥ももらえるけど、そちらは家族があまり乗り気ではなく却下。

で、今回は新型のソーラーパネルのような物(説明良くわからなかったけど、旧式とは呼び名も違っててシステムも違うらしい)とヒートポンプの設置とガスの全撤去(我が家は暖房のみガス。キッチンは元々IHだったので、年齢的にもガスにはしなかった)、外側の断熱工事をする事になり、本日説明を受けました。

トータル費用の約8割を、市が負担してくれるそうです。

素晴らしい💕


実は去年私が留守の数週間、暖房が壊れて室内5℃前後の苦行となったらしく、とうとうオット殿が重たい腰を上げて断熱工事をする事にして、色んなオプションが付いてきた(と言うかオットが勝手に話進めてた)のです。

と言う流れを思うに、幅が狭くてヒジョーに入庫しにくいガレージの拡張工事(引っ越し前からの案)を実現させるにも、何か物質的に"重い腰を上げさせる"必要がある…かも⁇

バックミラーの一つも壊せば、その気になるかな⁇🤣